• HOME
  • 会社案内
  • 設備情報
  • 採用情報
  • サイトマップ

TEL:0748-58-1335 | FAX:0748-58-0209

営業時間 平日8:00~17:00

メールで問合せ

真空浸炭焼入

真空浸炭焼入

真空浸炭焼入とは文字通り、減圧下でワークを加熱し、指定の硬化層形成に必要な量の炭素を拡散浸透させた後に、冷却油中で焼入れ硬化させる表面硬化処理です。

ガス浸炭処理と比較した場合のメリット

1

疲労強度が向上!

→浸炭層表面の粒界酸化層が無いため

2

深い硬化層を比較的短時間で形成可能!

→1000℃前後の高温で浸炭が可能

3

環境に優しい!

→CO2などの温室効果ガスの排出が少ない

4

簡潔運転が容易!

→設備の立上りが早い

※その反面、多様な製品を混載処理する事が困難であったり、単なるガス浸炭焼入れからの置換えでは、コストが割高になる等のデメリットもあります。

國友熱工が手掛ける「真空浸炭焼入」とは?

容易に最適品質を確保できる設備仕様!

多様な製品を混載処理する場合においても対応します。

●様々な表面改質処理を開発!

真空浸炭焼入れは基より、真空浸炭法の特徴を活かした技術を開発し、お客様の様々なご要望にお応えします。

國友熱工が生み出した新技術!

1.高濃度浸炭焼入れ(FCD浸炭処理)

炭化物分散層(CD層)を持つ焼入れです。通常のガス浸炭処理と比べ、焼戻し軟化抵抗が高く、耐摩耗性と耐衝撃性に優れた表面改質処理です。

詳しく見る

高濃度浸炭焼入れ製品

2.金型・治工具の耐高面圧化技術(KHD処理)

硬質皮膜も密着性、耐高面圧性が向上する、表面改質処理です。部材表面にHv3000程度の硬質層を、母材内部にかけては傾斜硬さ分布を持つ強化層を同時に形成することにより、高い耐高面圧特性と密着性を実現した表面改質処理です。

詳しく見る

金型・治工具の耐高面圧化技術製品

3.熱間金型の超寿命化技術(FCD-H&FCD-HN処理)

熱間鍛造金型の表面に異なる元素を拡散侵入させて、耐熱疲労特性と耐摩耗性を向上させる処理です。工業用刃物などへの適用においても、優れた耐久性を実現します。

詳しく見る

熱間金型の超寿命化技術製品

メールでのお問合せはこちら

國友熱工の技術

  • 課題解決事例
  • 國友熱工の5つの底力
  • 設備紹介
  • 製品実績

PAGE TOP